乾燥する時期は化粧水の使い方を工夫しよう

subpage01

乾燥する時期、化粧水をたっぷり使っても時間がたつとすぐ顔がつっぱって乾燥しわに悩まされるという方は多いですね。



そういう場合は、化粧水の使い方を見直してみる必要があるかもしれません。
まずは、使っている商品の保湿力に問題があるということが考えられます。

美白化粧水の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

勿論乾燥が気になっているわけですから、年中同じアイテムを使用していては保湿力が足りません。


それまでは大丈夫だったとしても、肌は年齢を重ねるとどんどん変わってくるのですから、それでは保湿力が足りなくなったと考えるべきかもしれません。

ガジェット通信に関する有益な情報をご紹介いたします。

また、肌荒れなどを気にして化粧水の後に乳液やオイルで蓋をすることを怠っているということはないでしょうか。

あまりたくさん使うとニキビや肌荒れの原因になるのですが、全然使わないと水分がどんどん蒸発するので、余計に乾燥肌がひどくなってしまいます。

商品を見直しても、蓋となるオイルや乳液もちゃんと使っているのにどうしても乾燥がひどいという場合は、化粧水を使う前にブースターとなるものを使ってみるのも良いですね。

ブースターとはその次に使うアイテムの浸透を良くするために使うものですが、よく知られていておすすめなのが馬油です。
馬油は人の皮脂と似た成分で肌荒れしにくく、栄養価が豊富ですぐ肌になじんでべたつかないという素晴らしい特徴を持っています。
使い方として、洗顔後に顔を拭かずに馬油を米粒大くらい顔全体に伸ばし、その上から化粧水を塗ると、驚くほど肌に浸透していくのがわかるでしょう。